君を初めて見た時キュン死するくらいに体中が隆起した
new
5c0c947a7cd36150fe28d7c7 5c0c947a7cd36150fe28d7c7 5c0c947a7cd36150fe28d7c7 5c0c947a7cd36150fe28d7c7 5c0c947a7cd36150fe28d7c7 5c0c947a7cd36150fe28d7c7 5c0c947a7cd36150fe28d7c7 5c0c947a7cd36150fe28d7c7 5c0c947a7cd36150fe28d7c7 5c0c947a7cd36150fe28d7c7

君を初めて見た時キュン死するくらいに体中が隆起した

¥1,369 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

気付いたら、心許せていた 数か月に指で数えられるくらい通った場所があった 話した回数も殆どなく知らなかった 知ることが怖くて聞くことも知ろうとする種が芽を出せなかった 気付いたら、心許せていたと思えたのはバスに乗って福岡入りした日の朝6時半博多の駅から見たまだ闇の静けさの終焉時だった 洗顔中なのかメイクを覚えるための練習なのかうすらファンデの板を見つけた 砂浜に辿りついた板、ただの板だった 角がとれ丸みを帯びたただの板 気づかせてくれる事がある 長い間いろいろな空を見てきたであろう 激しい風、干しあがるほどの日差し、何日も遠巻きにさえ見ることのなかった船、孤独と戦ってあきらめるなと言い聞かせ無償の愛で微笑む空という笑顔、幾多の夜と朝を繰り返し、やっと出会えた 海からの贈りものの板にアクセのレイヤード 壁の花だっていい 自分なりにドレスアップ 誰かに肯定されなくてもいい 誰かを意識することなく好きな風に好きに沈黙を踊りたい 誰かを意識することなく好きな風に好きに沈黙を愉しもう 数か月に指で数えられるくらい通った場所の方のその存在が大きいって知った 自分が壊れていくかもしれないと思えた 自分が壊れていくかもしれないから街を去ろうと決めた 砂浜に打ち寄せられた真白びたただの板を空間に置いてみた 身近にいる方、身近にあるものの距離や大切さに気付かされた 君を初めて見た時キュン死するくらいに体中が隆起した ■ 使い方 壁飾りやSHOPのミニ什器としてもいいでしょう フェイバレットなアイテムをディスプレイする棚の上に載せるだけでもいいかもしれません、壁留めしてもいいでしょう ■サイズ H 43㎝  w 17cm   D 0.8cm ■発送料金 定形外郵便500円発送 ■ほかの商品と同梱時の送料 複数オーダー時、送料が自動計算されてきますが、誤表示されますので、必ず事前に問い合わせをお願いします 説明を読まず、事前問合せがなく先はしりにて決済してしまいますと、過不足金が生じますので、必ず事前に問い合わせをお願いします ◆ 撮影に使用の小物は付属しません 本商品にディスプレイされているアイテムで商品未登録のものについて、ご興味をお持ちの方は、問い合わせをお願いします ●10月24日 新しいWEB SHOP OPENしました お手すきの時にご覧ください https://beigebeige.net ●30年12月10日提案