空を見上げたブランデンブルク門
new
5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c 5905d2701a704b8be3005b2c

空を見上げたブランデンブルク門

¥4,369 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

壁は無くなった。 壁が一つの国を分け家族や友人らは政治に躍らせれていた。 祖国を、おもんぱかり憂い空を見上げた。空はずっとつながっているのに、生まれた子は成長をするにしたがい何故といきついだ。 ブランデンブルク門に思えたこの古道具は三重と滋賀の県境の集落で譲ってもらったもの。斜陽な村は数キロ先の街と見えぬ壁があるかのように静まり返り街の者を異端者のような目でみ顔をあわせるのがいけない掟のような感じを受けた。 陰ながらいつかは陽をみたいと思った。いつかを思えず倫ならぬ恋をしあい、ひと時の悦びを楽しみ、戻りたくない家に帰り同じ場所で息さえしたくない人たちもいるであろう。それは十分に知りえた。 異端者を受け入れしたくないブルーの扉は心開かず窮していた。 潤滑油のような言葉でスムースに開いた扉は、恥じらうべく隣の空気を知ろう、いや知ってはいけない、知るべきだ、と議論しあい、次世代のために壁を取り払い扉を開けることに同意をした。 古道具のエリアの中心に青の支柱に旗を立てた。そしてグリーンを植栽した。 これでいいのか。良かったのか、再考すべきでないか、多くの考え方がある。それは恋愛にも言えるのかもしれない。倫ならぬ恋が悪いという方がいるであろう。あなたはどう思う? あなたはどう思う。 壁は無くなった。 いつか、毎朝同じ息遣いが聞こえたらいいなって空を見上げた。 ■ 使い方 多肉植物の寄せ植えや単体を小さな器にいれてランダムにおいてもいいかもしれません。 扉の開閉がスムースというべき状態ではありませんのであけたままの状態でのディスプレイが効率X効果的と思います。 フロントに向かってトップ板の両サイドに穴が開いていますのでフックをつけて錆びたチェーンでハンギングもいいかもしれませんネ。  雑貨やさんの什器、再販売品のアイテムにも使えます。 ほかのアイテムとの複数群での魅せ方もいいかもしれません。ほかのアイテム?の提案等あればお知らせくださいませ。今後予定アイテムの在庫があればお知らせします。 ■ほかのアイテムとの同梱送料については、事前に問い合わせをお願いします。 ■ サイズ Φ 34㎝ H 51.3㎝  ハンギングするためのフックは希望があれば付属可能です。