忘れかけていた信念を取り戻すために来た、三重のOCEAN
new
58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048 58c3fcea748e5b506a00a048

忘れかけていた信念を取り戻すために来た、三重のOCEAN

¥2,222 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

ひとさし指を唇にあてた。 SUNNY DAY静かな水面を進む船。 曖昧な日々の時計。 渇ききった唇 キスすることを忘れていた。 降りたことがない駅。 何かしら手掛かりや気づかせてくれる何かを求めて降り立った街 海岸線を歩いた。 空は澄んでいるのになぜか波だった海がざわめく。 日焼けのファンデーションをした白髪のフィッシャーマン。 街を旅立つように船小屋片付けている風に見えた。 譲ってもらった古い道具。 以前どこかで会ったような温度を感じた。 ひとさし指で側面をなぞった。 ペンキの風合いをみて唇の渇きを憂いた。 長いこと冷たい唇だったなと。 漁を引退する方が船小屋を片づけているときに譲ってもらった古道具。 長年使わず放置保管してきたというグリーン。 成長しかけの時間を見失い時間が止まったままフリーズしていたようだった。 抱えてきた古い道具。 愛情をもって下さる方の傍にいるほうがいい。 海沿いを進む帰途の電車。 向いに座るカップルが海の水面に浮かぶダイアのように思えた。 ひとさし指を唇にあてた。 STOMY  NIGHTにまた向かおうとする船。 曖昧な海を感に頼りきって方向を見失ってきた。 君待つ街に向かおうと思う。 乾いた唇はあなたを忘れやしない。 唇本能が持つ記憶 思い出してやまない。 君待つ街に向かおう。 東口のスタバでまた会うことも忘れてはしない。 忘れかけてた夢を思いだすために来た入り江だった ■ 船小屋の主が手作りしたという篩のアイテム。40年以上前に作り船小屋に放置されていたものを譲っていただきました。アンティーク感がにじみ出ております ■平置き使用も壁に掛けてフレーム 棚仕様の使い方もよいでしょう。同色系の板がありましたので仕切りをし固定しています。 ■雰囲気をさらに出すためにフランス アンティークの紙ものをアクセントコラージュしました。 何処かに住まいする方がこの品を見て何かを思い出して何かを再考したり笑顔になっていただけますようにと思います。 ■ H 30cm W 22cm D 7.8cm( 壁にディスプレイサイズ)